2008年6月27日 (金)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(30)

<まとめとして>

今年の兵庫県吹奏楽コンクール、中学校Aの部に参加する125校のうち、晴天の風を選んだのは29校。(6月27日現在の兵庫県吹奏楽連盟のデータから)

ブライアンの休日のほうは73校のようです。

この傾向はひょっとすると全国的傾向かもしれない。

・・・

Ⅰの「ブライアンの休日」がマーチとしてよりスタンダードなイメージもあり、そっちを選択した学校が多かったのですが、それであれば逆に晴天をされる29校にはかなり追い風が吹きそうである。

対するブライアンは、このままでは「足切り審査」されそうな気がします。

サンプル数が多ければ多いほど、選ぶ対象には高度なものが求められることは容易に想像できるからです。

・・・・・・・

晴天の風の真骨頂は、アンサンブル精度の完成ではないでしょうか。

パートごと、そして、同じラインを形成するセクションごとが正確に同化することにあります。そして他のパート、グループたちとのコラボを明快に行なう!

また、それを上手く仕上げるポイントは、楽しくアンサンブルすることでもあるでしょう。

精度の高いリズムで音の箱をつくりあげ、正確なハーモニーで不協和音を克服し、主張にあふれるメロディラインを形成する。。。

口で言ってしまうとこんな簡単なのですが、そのそれぞれが高い完成品であることが絶対条件なのです。

//////

oneチューニング精度をあげる

金管のチューニング管ごとの精度を合奏中にチェックしてみてはどうでしょうか。

スクールバンドの音程誤差の修正に、いちばん役に立つ方法だと思います。

twoリズム練習

十六分をメトロノームで打ちながらそれぞれのライン単位で分奏すること。

three主題の音の形成

(たくさんありますが一例だけ)

個人単位で主題部分を演奏し録音し、自分でチェック~を繰り返す。

あくまで自分だけで評価を加えること(他人には聞かせないようにする~が秘訣!!)

・・・・

効果的な基礎トレーニングをつんだ成果がある団体であればこそたのしく克服できる曲、一言で言えば、そんな曲ではないかと思います。

あきらめないで、じっくり、基本作業を進めた団体が目標を手にするのではないでしょうか。

(晴天の風・修了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(29)

<合奏指導編 8>

I から。

いよいよ一斉行進です。

poco piu^ mossoがかかっています。

つまりここからすでにエンディングに向かっているわけです。

軽快・前進・はっきり~

いろんな形容がなされるところ。

・・・・・

構成やなんやら、なんにも考えないで演奏すると『 それいけ、それぇ!! 』

になってまうかも(笑い

しかしはたして、それだけでいいのだろうか(bearing

まぁ、それは精神論としてはとっても正解なので、ここでは否定しません。

あとはどう上手く技術を導き表現できるか、の問題ですかね。

////

フルートとクラリネットのオブリガートはまたもや各々3声部に分散し音の比べあいをします。

十六分を含むパッセージで難しいですが、クラはシャリュモー音域で音を安定させる訓練が要りますよ。

気を緩めると、音量だけでうごめく感じに仕上がってしまいそうcoldsweats01

音色の明るさ、艶(つや)を表現したい。

・・・

ここのペット・ボーンは主題です。

ほかのパートより音量が必要なのですが、スコア上、それはしんどいですよね、かなり。sweat02

なので、策としては結果として音が客席に、より届きやすい方法をとりたい。

浸透、芯のある音色とともに、音程的に少しシビアになりたい。

というのは、音程がぶれた状態だと他のセクションのサウンドとぶつかってしまい、ペット・ボーンの個性が消されてしまう。

客席に届く前にほかの楽器の音と悪い意味で同化してしまってテーマとしての主張が薄れてしまうかもしれない。

なので、あくまで正確な音程で、一体化させて音を飛ばしてほしいです。

・・

主題のシンコペの裏(コンビネーション)をとっているアルト&テナーサックス・ホルンのグリスアップ。

楽譜には書いてないのだけれど、2拍目と3拍目ともにアクセントがほしいです。

速い息で押してください。

そして遅く聴こえないように(そう聴こえないように)お願いします。

積極姿勢で突っ込んでください。

遅れて聴こえるようだとかなり邪魔なサウンドになってしまう。

・・・・・

ここでのスネアドラムは、いかにも4/4拍子のマーチらしい流し方をしていますね。

タテの線の核として、正確にテンポを取ってください。

また、打楽器の裏拍は、速く進行させないように。また、そう聴こえないように、一拍づつ歯止めを利かせながら、進行させてください。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(28)

<合奏指導編 7>

85小節目アウフタクトからのクラは、Cの再現を図っています。

過去の回帰によって曲の前半のまとめをするところ。

そしてそれはallargandoで終結します。

つまり、I までが一つのくくりですね。

・・・

クラリネット。

85小節目のアタマの一拍はプッシュして自然な流れを作りたいところです。

1プッシュで1小節くらいは前に進みたい。マーチだから。dash

作曲家の天野さんは、なんか、4/4拍子のマーチを『 四足のマーチ 』と言って讒言されてますが??(笑、、)

そんなことないよなぁwobbly

小節のアタマの一発で4拍のフレーズ推進を意識するのも悪くないと思うのですがね。

・・・・・・

また、ここではテンポ感に注意してほしいです。

メロディラインが遅くならないように。

伴奏の推進役、キザミが消えるからです。

だからここの4小節間は一拍づつのリズムを身体で感じながら十分に推進させてください。

ここはみんな注目してますよ。スキを見せないように。

そしてallargandoで初めて速度を一変させる!

そんな構成にして、だれからも突っ込みを入れられないようにしたいですねfull

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(27)

<合奏指導編 6>

Gからの伴奏。リズミックアクションの聴かせどころ。

このあたりのリズムのイメージの持ち方として、いくつか挙げます。

例えばペットの場合。

カップミュートでリズミカルに自由に唄うのですが、ここは、小さいストロークを行き来させるイメージを持ちたい。

ピッピッピッピッ・・・・なのだけれど、

これをもっともっと一瞬で音を切りながら難しいスタッカートアクセントで突っぱねる感じ。

ここの指揮者。そのイメージは、右手の先のストロークを2センチくらいにしてピ・ピ・ピ・、なのかも知れません(笑い

両者とも、リズムが流れないように、寸止めを利かせてください。

そして、頭打ち、後打ち。

大きすぎないようにはしてほしい。

つまり『メロディの並立』だから、なのではあるけれど、それでもかなりはっきりほしいです。

短く(長くなく)、強く(弱くなく)、軽く(重くならず)、存在感の発揮されるリズムの醍醐味を研究していただくといいと思います。

また、ユーフォ・テナーサックス・(ファゴット)・(アルトクラ)は、さしずめメロディ以上にほしい音!!

本数は重要ではなく、たっぷりと雄大に主張したい。

かなり吹いてもイヤミには聴こえないラインです。

(だから安心して、イケェ!~cancerdash

・・・・・

72&76小節目のアタマのアクセントはクレッシェンドの頂点となるように。

すべてのパートが4小節ごとのフレーズで進行できるようにしてください。

そして、その4小節ごとに起承転結が表現できるといいと思います。

Hの1小節前のボーン&チューバの1拍半は、アクセントを効かせて粘ってください。

ブリッジであり、中盤の締めでもある重要な一発です。

・・・・・・・・

Hの裏打ち。この曲の命でもある八分音符の再現ですね。

と同時にallargandoに向かわせるためのきっかけにもなっていて、ここの八分は躍動感が最大に発揮できるようにしたいです。

そのためには、さわやかなタンギングの追求を!(笑い

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(26)

<合奏指導編 5>

Fからの奏法。

ここは本編をじっくりと読んでいただくとありがたいです。

このページで書けるぎりぎりまで書いております。

おトク情報かも知れませんよ bleah

・・・・・・・

それはさておき、どうやって推進するか、の勝負どころです。

シンプルな構成のうえ、音が客席にストレートに届いてしまう楽器の組み合わせだからです。

音域的にも聴き取りやすいし~music

ヘタ打てません、ここのところ。

しっかり効果的な練習をしておかないと、審査員に、なにもかもチョンバレになるかもな~sweat01

・・・・・・・

Fアウフタクトで余裕のある音量を出してしまい、その圧力にのせて唄ってしまう。

そのようなフィーリングだと音質的にはいいかもしれません。

そして、やはりポイントはリズムによる推進です。

これによって主題が生きることになります。

それについては、やはり本編を見てください。

・・・・・・・

『 伴奏は弾む感じで 』

作者からのアドバイスです。

つねに、それを思い浮かべて曲を作っていってください。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(25)

<合奏指導編 4>

Eから。

マルカートを改めて指示された第2マーチのまとめどころです。

音量指示もmfからfに上げられています。

ただし楽譜どおり演奏すると、パート数から単純に計算して、音量的には数倍くらいになったりして。(笑

主題を唄う人数が特に増やされているところに注意してください。

譜面その通りやってまうと、いきなりエンディングに突入でっせbleah

そうならないような気配りが不可欠。

ここはすんなりTrioに持っていくことを念頭に、サウンドがヨコに膨張しないよう、タテ方向に動きをまとめて進行させたいですね。

音量抑制の指示も時には必要かも知れません。

しっかり、音を浸透させてください。主張を込めて。

・・・

Trioから4小節。

ここは躊躇なく突っ込んでください。

バランスとか音量を気にしながら入るところではありません。

第2マーチのスピード、迫力そのまま(あるいはそれ以上)で突っ切ってください。

曲の場面を変える所。厳しい気持ちで通過。

一旦、立ち止まったりしないように。

少しでも澱むと審査が厳しいものになります。

一定の流れを保ったまま、全楽器の総合力でここを通過してくださいね。

・・・・・・・

ドラムマーチ。

スネアなど小さい楽器は、十六分が流れないよう、むしろ存在を誇示するかのようにしっかり打ってください。

最初と最後の、二つのアクセントがより強調されるような流れを意識してください。

・・・・

また、締めのシンバルの残響、コントロールに気を配ってください。

残し過ぎないように。

ホールによっては、けっこう目立つかもしれません。

Trio3小節目からの木管、シンコペーションメイクで盛り上げてください。

本編でも書いたように、アクセントの位置は1拍半に一回ずつです。

ここの2小節は別モノです。そう思ってサウンドを作ってください。

歯切れを利かせ、突っ切る要所です。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(24)

<合奏指導編 3>

Cの1小節前の、3つの形のアーティキレーション。

ここのことは本編をゼッタイに見てほしいよ~んup

本編では散々書いてきましたが、、、bleah

オレ、ここ大好きだよ~いやホンマ。 shock

上手くぶつけ合うことも、ぶつかり合わないようにすることも、両方が大切です。

音の実態をアタックでぶつけ合うと同時に、本能的には音量のみで勝負しに行きたがるのをこらえながら、音の輪郭同士の比べ合いに転じる・・・

こういった、いわばセッション的発想だと上手くいくかもしれません。

その場合のポイントは、音を出した瞬間にその次の響きを計算して、自分の音の調整を図ることなんだよ。

難しいけれど、ひと夏、じっくりと構えてこのことに挑戦してほしいです。

・・・・・・・・・

Cから。

第2マーチ。

八分音符を下降させながらモレンドにつなげるライン。

ここは、あらかじめ優しさ、柔らかさといったコンセプトメイクをしておくといいかもしれません。

どちらかというと、フレーズを長めにとり、スムーズな八分音符の移行やレガートの滑らかさを強調したいところです。

Dを前にした4つの小節がいきなりタテの変化に転じるからです。

それを前にしてレガートラインを「見せ球」にするわけですね。

・・・・・・

Dから。

第一マーチの裏の旋律です。

回帰、とか言ういいかたも出来るほど、主題を思い出させることの重要なパッセージです。

多くのマーチがその手法を使っているのですが、、それって、なんでだろ~??

ワシには、、、さっぱりわかりませ~ん (爆。。。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

佐藤正人先生@課題曲分析のページ

きょう、大阪心斎橋のヤマハさんに行ってきました。

ほかの用事だったのですが、気になったのが、、、『バンドジャーナル 5月号』  cat

そのなかの課題曲クリニックのページをめくってみました。

そ、そして・・・・

真っ先に「晴天の風」を読み干してしまいましたぁsweat01

・・・・

そこで見たものは、、、

実に微に入り細に渡って丁寧に指導される佐藤正人さんの文章!!!

それも、本当に事細やかに丁寧に書き並べられた熱い演奏指導。

こんなに親切に、また的確に指導された解説は他にないだろう。。。

そう思ったら、感激してしまいました。

・・このレベルの専門家がメディアで述べる場合は、あまり全力で書かないものと思っています。

事実、そのように見受けられる文章が今回のバンジャにも多数掲載されています。

しかし、この方は全く違う。

惜しげもなくノウハウを公開し、全力を投入されているようです。

う~ん、、、すごい・・・catface

////

この方には是非、がんばっていただきたいと思います。

日本の吹奏楽発展のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(23)

<合奏指導編 2>

Aから。

本編の「5」をあわせてご覧下さいね。曲想についてぼくなりに書いています。

そこにも書いているのですが「かわいく歩く行進」です。

まさにそれを描いた第1主題。

作者は『 わざと 』この旋律を選んでいます。

・・

本編に『八分で刻んだ練習』を取り上げました。

多分、この練習を徹底した学校はこのフレーズを征服できます。

なぜなら、この部分はまさに<正確なリズムで唄うフレージング>が勝負だからです。

そして、その練習では八分休符は休まず、音を出すようにしてください。

じっくり構えてテヌートで行い、音を十分に出しつくしていくうちにフレーズのキメが出来始め、主題の存在感が発揮されるようになります。

また同時に、ここでは自在なアーティキレーションの変化、つまり起承転結の表現を意識してください。

・・

ホルンの十六分は流さないように。

とくに一つ目の十六分音符では短くしないように。そしてリズム的な余裕を感じさせてください。

15小節目の中低音域にクレッシェンドがありますが、しっかり駆け上がるイメージにしてください。

大切な盛り上げです。

16小節目のチューバ・SBの四分下降がありますが、これはディミヌエンドのイメージにならないように音を持続させるほうがいいと思います。

これは次への貴重なブリッジです。

・・

ここの伴奏について、作者からは~

『伴奏にも節目・リズムの切れやフレーズ感があります』

とのメッセージが書いてありました。

伴奏に思い入れを感じる、重要部分のようです。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(22)

<合奏指導編 1>

イントロの4小節。

まずは、本編の『 2 』を見ておいてください。

構成理論上のことはだいたい書いています。

・・

さあ、最初の八分音符、どんな音にしましょうかね(笑い

イメージとして、強すぎず、また弱くならず、はっきりと『パン!』っていってしまいたいですね。

スタッカートを意識しすぎて伸びやかさが足りなくなるといけません。

音の実態をしっかり出すようなアタックで。

それはほかの小節のアタマの八分も同じです。

それに続く十六分音符は、決して早く入ってしまわないようにしましょう。

つまり、スベらないようにということですね。

しっかり対策しましょう。

これは曲中に多く出てくる木管の十六分の、共通の課題です。

滑らせると曲の落ち着きがなくなってしまいます。

・・・・

1小節目と2小節目の後半の3つの八分音符はじっくりいきたいですね。

飛び出してしまいたいアウフタクト型のアタックなのですが、そうはさせず、じっくり構えて十分なエネルギーを一瞬のスタッカートに盛り込んでください。

・・・・・

3小節目の木管パッセージはプッシュをしながらクレッシェンドすることをお勧めします。

ポイントは各拍のアタマでそれをすることです。

シングルリード楽器はハーフ・タンギングをしてみてもいいかもしれません。

決して難しいことではありません。意識すればけっこうすんなりできます。

一拍ずつの、いいクレッシェンドワークにしたいですね。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「ブルースカイ」アルトサックス練習方法 | 「ブルースカイ」チューバのためのパート解説 | ぼくのソロ演奏活動 | クラリネット | クラリネット悩み相談室 | 京都のKウインドオーケストラ創設 | 京都市少年合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽 課題曲攻略のために | 吹奏楽 課題曲解説 光と風の通り道 | 吹奏楽 課題曲解説 ピッコロマーチ | 吹奏楽 課題曲解説 ブライアンの休日 | 吹奏楽 課題曲解説 マーチ「ブルースカイ」 | 吹奏楽 課題曲解説 マーチ「晴天の風」 | 吹奏楽 課題曲解説 憧れの街 | 吹奏楽 課題曲解説2007 | 吹奏楽あれこれ | 吹奏楽コンクール | 吹奏楽コンクール必勝法 | 室内楽 | 文化・芸術 | 第14回関西吹奏楽コンクール | 課題曲解説 さくらのうた | 課題曲解説 オーディナリー・マーチ | 課題曲解説 コミカル★パレード | 課題曲解説 セリオーソ | 課題曲解説 ネストリアン・モニュメント | 課題曲解説 マーチ「ライヴリー アヴェニュー」 | 課題曲解説 マーチ「青空と太陽」 | 課題曲解説 南風のマーチ | 課題曲解説 吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」 | 課題曲解説 吹奏楽のための民謡「うちなーのてぃだ」 | 課題曲解説 天馬の道~吹奏楽のために | 課題曲解説 汐風のマーチ | 課題曲解説 行進曲「よろこびへ歩き出せ」 | 課題曲解説 行進曲「希望の空」 | 課題曲解説 躍動する魂~吹奏楽のための | 課題曲解説 迷走するサラバンド | 課題曲解説 16世紀のシャンソンによる変奏曲 | 音楽