« 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」④ | トップページ | 課題曲解説:行進曲「希望の空」① »

2012年8月 5日 (日)

課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」⑤

G~

特徴が発揮しにくいかもしれません。

ここは、ハーモニーの美しさで決めたいです。

中低音域でいうと、ユーフォとチューバのオクターブキープですね。

とくにユーフォの音のオリジナリティの利かせ方。

その主体性ある音に期待したいです。

H~

ここは、拍子が4拍子以外の変拍子でシンコペがあることに注意、というところです。

I~

アクセントの位置を見逃さないことだと思います。

楽譜に忠実に、かつ、積極的なアクセントワークが必要。

積極的に!

J~

伴奏組と主題。

この聞き分けをして、音量のセレクションが勝負どころ。

極端なほど、その音量制御がほしいです。

K~

掛け合いの旨み。

これはちいさいけれど、演奏ポイントです。

M~

アーティキレーション勝負、ですね。

伸ばすところ、レガートで歌うところ。

その表現が最重要。

楽譜を読むことから連想される、全ての組み立て、リズムやスラーに気をつけながら、忠実に音楽を作っていってください。

<全体として>

曲のテーマである「じゅげむ」は、古典落語の一つなのですが、この曲の元をたどれば、各地の郷土に伝えられる「童謡」や「民話」に起源を持つモチーフのひとつとしても捉えることが出来ると思います。

つまり、それもヒントにして曲想を得、演奏に生かせればいいのではないでしょうか。

その「素材」を生かす、特徴をつかんで表現に用いることができれば、その楽団らしい、伸びやかな演奏が出来ると思います。

(奇想曲「じゅげむ」、おわり)

|

« 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」④ | トップページ | 課題曲解説:行進曲「希望の空」① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/46592240

この記事へのトラックバック一覧です: 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」⑤:

« 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」④ | トップページ | 課題曲解説:行進曲「希望の空」① »