« 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」⑤ | トップページ | 課題曲解説:行進曲「希望の空」② »

2012年8月 5日 (日)

課題曲解説:行進曲「希望の空」①

オーソドックスであり、また爽快なイメージもあるマーチですね。

速度記号=116でもわかるとおり、ややゆっくりした進行も相まって、安定感もあります。

コンクールでは、速度に対する考え方、欲求も演奏側にあることなので、団体によってやや速く仕上げる場合もあるかもしれません。

ただ、あまり早くしすぎると、作意図から離れてしまう?・・そんな風に感じられる方もあるかもしれません。それだけ、好みが分かれることもあると思います。

6/8(ハチロク)マーチ。

リズムに乗る練習ができるといいと思います。

1拍目が8分音符の場合は、音をしっかり止めてノリのリズムを作る方法があります。

・・・

イントロ。

高音木管のトリルは、できるだけ合わせた方が気持ちいいです((*^-^)

最初のアタックの音をやや長めにして全員の息を合わせてスタートし、そのあとは32分音符単位で流す!

それだけでけっこう合いますよ!(笑)

A~

アウフタクトからの主題。

ほぼ独奏状態なので、リズムがんばって。。。shock

ハチロクのリズムに乗れるかどうか。そんなシンプルすぎる課題が、課題。

B~

対旋律の扱い。

中音域(テナーサックス、トロンボーン、ユーフォニアム)でしっかりまとまった演奏に期待。

音量も確かに必要で、マルカートなのですが、アタックの音が出過ぎないようにしてほしいです。

これは、この曲だけでなく、多くのマーチの対旋律がそうやって演奏されています。

C~

ここからの8小節間は、より軽快に明るく。

ノンレガート奏法です。

木管などの八分音符は、短く仕上げて、その表情をつけたいです。

後半の8小節間は、逆にレガートで。

横への揺さぶりもアリです。

D~

ここも、テンポ感をしっかりと。

フルート、クラリネットなどのオブリガートのリズム感、ホルンや打楽器のタテへの打ち込みなど、それぞれが演奏全体の印象を決定づけることになるかもしれません。

E~

ここは、Bの回帰。オーケストレイションも、ほぼ同じ厚さです。

違うのは、ディナミク。曲としては、ここから盛り上げが始まるため、フォルテ演奏となっている。

要は、Bの場面と演奏目的が違う、ということですね。

F~

アウフタクトの音。

強いアクセントが要求されていますが、過剰にならないように・・。

ここは、次の拍のアクセントにつなぐ音。

Fアタマが山の頂上になるような盛り上げを図ってください。

|

« 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」⑤ | トップページ | 課題曲解説:行進曲「希望の空」② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/46622125

この記事へのトラックバック一覧です: 課題曲解説:行進曲「希望の空」①:

« 課題曲解説:吹奏楽のための奇想曲「じゅげむ」⑤ | トップページ | 課題曲解説:行進曲「希望の空」② »