« セリオーソ (4) | トップページ | セリオーソ (6) »

2008年7月 4日 (金)

セリオーソ (5)

<セリオーソ>

E~

まず、フルートのソロが見もののところ。

最初の6連符、どういうフィーリングがいいんだろう??

クラだと多分、ダブルタンギングを優先順位に考えるだろな・・・

速度的に、フルートだとシングルで追いつきそうなので(かなりキツイけれど)、なんとか克服してほしいです。

フルートは、ダブルだと裏の音の出だしの精度が気になることがあるようです。

豊かなブレスを心がけて、伸びやかにレガートを掛けてほしいです。

2番は、1番に受け継ぐ場所にかけての二拍のみでクレッシェンドですが、この二拍は音色が荒っぽくなりそうな気がします。

イメージが急にかわらないよう慎重な受け継ぎをしたいです。

・・・・・・

Fの2小節前の二拍。

クラリネットの十六分が始まります。

曲想的には、少し意外性のあるアタックでなだれこむことになりそうです。

最初の1拍をソス・テヌートのイメージで押すと、思い通りの仕上げができそうです。

このあたり、パートごと、また楽器ごとのアーティキレーションが違いますので、ほかのパートの吹き方に同調しないように。

ボーン、木管の中低音、中高音、そしてホーンセクションの中でもそれぞれ違った効果音を重ねています。

スコアで確認くださいね。見事な楽譜ですから。

・・・・・・・

Fからの金管は、一体化して効果音づくりに励みます。

まさに打楽器のごとく、ですね。

木管の「風の音」の演出効果担当(笑)、、、

しかして、本当の目的は、Hから新展開する盛り上げの前兆の音です。

なので、少しずつ「これでもか」って思いながら音の張りを加えていってください。

ただし、音量はできれば指示記号を超えないように。

ズコーンってはち切れるのは、もっともっと後のこと

お楽しみですね~bleah

(つづく)

|

« セリオーソ (4) | トップページ | セリオーソ (6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/22057473

この記事へのトラックバック一覧です: セリオーソ (5):

« セリオーソ (4) | トップページ | セリオーソ (6) »