« 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(30) | トップページ | セリオーソ (2) »

2008年6月28日 (土)

セリオーソ (1)

この曲のタイトルを初めて知ったとき、ぼくは「生真面目(きまじめ)」の意かと思いました。

というのは、ヨーロッパでは確か、そういう意味に使われていたと思ったからです。

つまり、ぼくは作者が、コンクールに挑む青少年たちへの希望的アイデンティティとして提供したのかと感じたのです。

でも、この錯覚、『ホントは当たってた』、、だと愉快なんだけれど・・・

おい、一回まじめに吹奏楽やってみろ、、とかだったりして(笑。。。)

・・・・・・・

冗談はさておき。

一般的な音楽用語として訳すると、『厳粛な』あたりが相当するでしょうか。

基本動作に忠実な音の再現、何をどう表現するかという理念に基づくアーティキレーション。

そういったものがプランどおりに鳴らせるかどうか。

意味をしっかり解釈して、バンドとして統一したイメージを音にすることが要求され、そのことが審査ネタになると思います。

中学とかだとけっこう解釈に時間がかかるかもねangry

////////

冒頭のピッコロとバスクラリネット。

お互いに音程保持がしんどいかな。

どソロなので、窮屈(きゅうくつ)に感じると思うけれど、決して萎縮しないで、堂々と鳴らしてしまうほうが結果はいいのではないでしょうか。

ダイナミクスもやや大きめで問題ありませんし。

フレージングなど意識過剰なことは考えず、思い通りにしてみるのも方法だと思います。

・・

全楽器にいえますが、なんだか簡単そうな譜面だし、すぐ克服できそうなのですが(笑)、じつは音程やダイナミクス、クレッシェンドの仕方などかなり高度なコントロールが要求されそうです。

数本のみの動きで曲の展開が図られる部位がかなりありますし、それぞれの奏者のソロ力がモロ出しにされる、今年の課題曲のなかの難曲!!

そう思って、気を引き締めてください。。。  

クハ~、、、 happy02

(つづく)

|

« 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(30) | トップページ | セリオーソ (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/21953271

この記事へのトラックバック一覧です: セリオーソ (1):

« 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(30) | トップページ | セリオーソ (2) »