« 記念合唱団の練習に参加 | トップページ | 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(26) »

2008年5月20日 (火)

課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(25)

<合奏指導編 4>

Eから。

マルカートを改めて指示された第2マーチのまとめどころです。

音量指示もmfからfに上げられています。

ただし楽譜どおり演奏すると、パート数から単純に計算して、音量的には数倍くらいになったりして。(笑

主題を唄う人数が特に増やされているところに注意してください。

譜面その通りやってまうと、いきなりエンディングに突入でっせbleah

そうならないような気配りが不可欠。

ここはすんなりTrioに持っていくことを念頭に、サウンドがヨコに膨張しないよう、タテ方向に動きをまとめて進行させたいですね。

音量抑制の指示も時には必要かも知れません。

しっかり、音を浸透させてください。主張を込めて。

・・・

Trioから4小節。

ここは躊躇なく突っ込んでください。

バランスとか音量を気にしながら入るところではありません。

第2マーチのスピード、迫力そのまま(あるいはそれ以上)で突っ切ってください。

曲の場面を変える所。厳しい気持ちで通過。

一旦、立ち止まったりしないように。

少しでも澱むと審査が厳しいものになります。

一定の流れを保ったまま、全楽器の総合力でここを通過してくださいね。

・・・・・・・

ドラムマーチ。

スネアなど小さい楽器は、十六分が流れないよう、むしろ存在を誇示するかのようにしっかり打ってください。

最初と最後の、二つのアクセントがより強調されるような流れを意識してください。

・・・・

また、締めのシンバルの残響、コントロールに気を配ってください。

残し過ぎないように。

ホールによっては、けっこう目立つかもしれません。

Trio3小節目からの木管、シンコペーションメイクで盛り上げてください。

本編でも書いたように、アクセントの位置は1拍半に一回ずつです。

ここの2小節は別モノです。そう思ってサウンドを作ってください。

歯切れを利かせ、突っ切る要所です。

(つづく)

|

« 記念合唱団の練習に参加 | トップページ | 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/21104745

この記事へのトラックバック一覧です: 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(25):

« 記念合唱団の練習に参加 | トップページ | 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(26) »