« 課題曲解説 ブライアンの休日(10) | トップページ | 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(1) »

2008年2月22日 (金)

課題曲解説 ブライアンの休日(11)

<ブライアンの休日>

さて、それでは作曲者の内藤さんのおっしゃる『タネあかし』。

やってみましょう。

・・まず、いえるのは、この答え、当の内藤先生にしか解けない(笑、、

(これにはお手上げです/汗)

なので、ぼくなりのサンプル回答をさせていただきます。

//////

<サンプル回答>

このブライアンの休日、内藤先生の集大成の作品だと思います。

それも、いままで培ってこられた知識、経験、理想、志向性。。。

惜しげもなくつぎ込まれたのではないでしょうか。

そして、これまでの半生においての回想、経験に裏打ちされたリズム、メロディ、ハーモニーの応酬。

コラボし、溶け合い、駆け巡っている。

氏がおっしゃっているAの部分は、その象徴的部分ではと考えます。

・・

また、現在の内藤先生を囲む環境、それ自身が楽譜に並んでいるのではないでしょうか。

(『中学高校教員』というお立場から考えると、さしずめ、Aからのノンレガート(マルカート)のペットは「高校生」、それに続くレガート(ドルチェ)の木管たちは「中学生」なのでは、と直感します。)

・・・・・・・

これらから考えられる回答は、、、

『 生徒たちのための練習曲として書かれた曲 』ではないかということです。

リズム練習、ハーモニーの克服、メロディーへの挑戦。。。

それも、いろいろな課題に取り組めるように工夫されたために多くのモチーフが採用された、実戦形式のエチュードなのではと想像します。

案外、内藤氏が自身の教え子たちの練習課題に書かれた、あたりが正解なのかも。

・・こんなところでいかがでしょう?

う~ん、、、どーなんだろー(笑。。。

(ブライアンの休日・おわり)

|

« 課題曲解説 ブライアンの休日(10) | トップページ | 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/10199887

この記事へのトラックバック一覧です: 課題曲解説 ブライアンの休日(11):

« 課題曲解説 ブライアンの休日(10) | トップページ | 課題曲解説 マーチ 「晴天の風」(1) »