« 福祉夏祭りに出演 | トップページ | 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法② »

2007年7月10日 (火)

「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法①

<ブルースカイ>

サックス大好き仔さんのリクエストにより、順番を少々変更し、ブルースカイのアルトサックスのためのパート解説にしちゃいます。(汗

独断と偏見.。まさにアマファッソ(自由表現)。

あ、そうそう、作曲者の高木さんがご自分のブログで「わがまま流」という自己流を披露されていたようですが、ぼくが以前、解説中に書いていた、この「アマファッソ」、実は、フランス語で『わがまま』なのですよ!

ひょっとして高木さんとぼくは、どこかで同じことをよく考えるヒトのような気が・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはともかく、この曲が持っているエネルギーの源泉が『自由表現』であり、モチーフの本数が多いことをもう一度しっかり確認して、さ、取り掛かりましょう。

・・

(今回は都合上、アルトの1,2番のみとさせていただきます。)

冒頭。

いきなりのフォルテですね。アルトサックス(以下、アルトで統一)の得意とする音域でもあり、吹きまくり~してもいいですよ(笑

けっこう、ここを抑えようとする指導者が100人中、100人、だったりして。(爆

でもね、音量があっても問題はないし、むしろ吹けてないよりは、吹けてるほうをぼくは支持いたします。

ただし、以下の3か条を厳守すべし!

①音程をぶれささないこと(噛まないで息の速度で安定させる)

②音のカタチを決めてかかる(しっかり音を切ることも含めて)

③音の長さを整備する。(つまりキレ重視の八分と音の長さを聞かせる四分、二分などの対比によってメリハリをつける。いずれも長すぎないように)

これが出来ていれば、ここのアルトは、1番2番とも、音量保持のほうに行ってもいいよ!!

そして、音の『量・質』。

アルトの本領を発揮したれ。

(つづく)

|

« 福祉夏祭りに出演 | トップページ | 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/7091768

この記事へのトラックバック一覧です: 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法①:

« 福祉夏祭りに出演 | トップページ | 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法② »