« 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法① | トップページ | 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法③ »

2007年7月11日 (水)

「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法②

<ブルースカイ>

ところで、今の中学高校生たちはアルトの場合、リードは何をよく使ってるのだろう。

ぼくの周りに聞いてみたところ、バンドレン3が多かったようです。

それに続いてバンドレン3半、リコ青箱3みたいでした。

この3種類、それぞれに特徴のあるリードですが、この中でぼくが中高生にお勧めしたいのは・・・

今回は、リコ青箱3です。

腰があり、かつ、しなやかでレンジが広く、ヘタりにくい。

また当たり外れも少なそうで経済的かも。

その次にバンドレン3です。

これは音のメリハリに対応し音色も明るく伸びがある。

音色の点と表現の多様性で、ぼくの本来の好みは、実は「バンドレン3」なのですが、ブルースカイ単独での推奨リードとして、一度「リコ青箱3」を試してみてね。

マッピについては、アルトだとCワンスター、Cツースターあたりを好みで使っていればまず間違いないと思います。

ついでに言っておくと、マッピを上手く選ぶコツは、持ってるなかで一番やわらかいリードを付けて噛まないで楽にすぐ発音してくれるものを探すことだと思います。

・・・・・・

さて、最初の審査員さんたちの注目ポイント①

6小節目~7小節目(以下、小節目を省略)の移行あたりかな?

アルトサックス(以下アルトで統一)としては、6の3拍目の二分を最後に場面転換することを確認しておきたいところ。

曲想としては、この二分が次のブリッジからの間奏を引き立てるための前段階のコードであるということです。

つまり、ffなんだけれど吹きすぎると過大効果を生みそう。

金管との調和を図ろう。

・・

7では最初の二拍はクラと一緒に息をして3拍目を待つ。

十六分ではそれぞれの奇数の順番の十六分を意識して長く吹くくらいの余裕がほしい。

特に、各拍のアタマはそれが重要。

そうすると、クラのいっせいになだれこんでくるような十六分をアルトだけで受け止めてやれると思います。

そんな駆け引きができれば、『うまいアルト』として評価されると思いますよ。

(つづく)

|

« 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法① | トップページ | 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/7093202

この記事へのトラックバック一覧です: 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法②:

« 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法① | トップページ | 「課題曲Ⅳ」アルトサックス練習方法③ »