« 信州で演奏活動 | トップページ | ジョイントに出演が決定 »

2005年9月25日 (日)

得津武史先生と 『 ナイルの守り 』

30年の時空を越えた、名曲!?

ぼくにとっては高校時代に繰り返し演奏した懐かしい曲!
行進曲『 ナイルの守り 』

その曲を、30年が経過した今、
ぼくが所属している楽団でぼく自身が演奏している!

偶然とは簡単に片付けられない、不思議な
何かを感じる。

ぼくが卒業した、京都の、H山高校吹奏楽部。
もう30年まえになる(そんなになるか?タハ~!!!!)
当時、『 ナイルの守り 』は、コンサートマーチと
してよりはマーチング、とりわけパレードに使っていた。

H山高には毎年、パレードの出演依頼が殺到していて、みんな出ていたらそれだけで一年の行事が
終わってしまいそうなくらいだった、、、(汗。。

パレードはいつも、
メジャーの笛で『 ワシントンポスト 』を演奏し、
36小節の間奏に伝統のドラムマーチ『 H山 』、
それに続いて『 ナイルの守り 』と決めていた。
この繰り返しを延々と続けて小一時間、
市街をねり歩いた事もあった。

『 ナイルの守り 』を演奏する団体は、少なくとも当時の京都には、ほかになかったと思う。

というのは、その頃はまだ国内でこの曲の楽譜入手が出来なかったからである。

ぼくたちがこの曲を演奏できたのは、得津先生のおかげである。
実は、先生から楽譜をいただいたのである。

得津先生は、アメリカに研修旅行されたことがあり、そのお土産に、
『 ナイルの守り 』をプレゼントされた、
と顧問から聞いた記憶がある。

うちの顧問(M先生)は関西吹連を通じて得津先生とはご懇意にしていただき、研修旅行の折にはアメリカのM州立大学バンドをご紹介させていただいたらしい。

ともあれ、H山高校吹奏楽部への「贈り物」の曲は、うちのバンドには欠かす事の出来ない「宝物」になった。

それと、現在のこと。

今ぼくの所属させていただいてる楽団。。。
なんと、創始者が、なんと得津武史先生です。

そして、最近になって、その曲、
『 ナイルの守り 』を演奏している!!
ぼくにとって1st~3rdまで完全暗譜の、
今でも頭で音が鳴っていそうな、、、、

これは、はたして偶然なんかぃねえ???
(決して、狙ったわけではありませんよ、、、ククク。。。)

|

« 信州で演奏活動 | トップページ | ジョイントに出演が決定 »

コメント

古い記事に失礼します。
ナイルの守り、懐かしいですね。
45年前、京都府の片田舎の中学校(関西大会の常連校でした)でバスを担当していた私は、
顧問であった恩師の繰り出す英国マーチ、
空軍大戦略やナイルの守り、ボギー大佐オンパレードなどを目を回しながら吹いておりました。
おかげでいまやオルフォード大好き爺に仕上がり、いまもって英国製Es管テューバを吹いております。

投稿: えす | 2016年9月 4日 (日) 17時16分

えすさま。
コメントありがとうございます。
公開とお返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

たぶん同じ世代くらいですね。
今津中の得津先生がアメリカに研修に行かれたのは昭和40年のようですので、もう50年前に初演しているのですね。

先日、大阪シオンウインドオーケストラさんも演奏され、コメント頂きました。
今後共活躍くださいませ。

投稿: アカルイくらりねっと | 2017年2月13日 (月) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88207/1529879

この記事へのトラックバック一覧です: 得津武史先生と 『 ナイルの守り 』:

« 信州で演奏活動 | トップページ | ジョイントに出演が決定 »